空間情報と店舗の集客効果の関連性

空間情報はスマートフォンの普及により様々な分野で利用されるようになりました。

これまでは地図や経路情報などを頼りに目的地にたどり着くことが非常に重要な目的であったのですが、スマートフォンの普及により様々なアプリが搭載され、最近の仕組みでは自分の希望の種類の店舗や施設を検索するだけで、現在自分がいる位置から最寄りの店舗や施設などを見つけることができるようになっています。これは様々な店舗や施設が空間情報を効果的に利用し自らの情報を提供していることによるものです。

従って、これらの情報を適切に公開し、さらに様々なアプリと連動することでより多くの顧客を集めることができる効果をもたらすことができます。これまでの空間情報は地図上の位置に対して様々な設備の名称を記載することが少なくありませんでした。しかし最近ではこれに加えてイベントや広告の紹介なども行うようになっています。

これらを効果的に連動することでスマートフォンのアプリで利用者に対して積極的に情報を提供することが可能になり、検索している利用者が意識していない情報も積極的に伝達できるのがポイントです。一般的な広告の場合には興味がない利用者にとっては不要なものとなり、さらには逆に悪い印象与えてしまうことも多かったのですが、これらの内容を空間情報に含めることで顧客に有益な情報を提供することができます。そのため、空間情報を効果的に利用することで集客効果を高めることができるほか、イメージアップを図ることもできるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *