空間情報コンサルタントとは

空間情報コンサルタントとは、計測技術を使用した地理空間の取得計測や解析・処理・加工とその活用法や問題があったときに解決方法をアドバイスします。

通常では、建設コンサルタントとして活動するケースが多く、専門部署を設置してます。IT分野の仕事が増える中、大規模開発に伴う地図や付加価値をつけたコンサルのサービスを行っているのが特徴です。一般的な建設コンサルタントと比較すると、自分の会社で航空機を保有しているケースが多いです。技術関係のコンサルタントは測量士や建築士・不動産鑑定士の資格を持って活躍しているケースがあります。

民間の空間情報技術に関する資格をとって働いている人も。応用力・構想力・提案力・説得力がいるので、簡単には取れないという口コミです。空間情報技術に関する資格をとった人は、積み重ねた技術をアピールできるので自信がついたと言われています。資格をとったあとは災害があっときにも、空間情報を収集しモデルデータを作成するなど高く評価されます。レーザ。ドローン・CADなど最新技術の活用も可能です。

専門知識を学びながら、社会貢献が高い仕事がしたい人に向いています。入社後は、先輩の補佐やサポートからスタートし、ひとりで案件をこなしリーダーとして活躍可能です。新しものを生む出すことに魅力を感じる人や、キャリアを伸ばしたい方・いろいろな人とコミュニケーションしたい人に向いています。求人サイトでも、取り扱いがあるので見つけやすい仕事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *