観光から災害まで利用される空間情報

各通信企業が独自の方法で収集し作成しているのが、現状の土地の状況を知らせる空間情報です。

空間情報は各自治体が所有している土地利用図と地質図そしてハザードマップなどの集積した情報に加えて、GPSなどから得られる衛星写真の光景などからデータを構築してまとめます。そんな空間情報はアプリとして、スマホやタブレットなどの持ち運べる情報端末に搭載されているのです。その理由として、この空間情報は観光や災害など様々な分野で活用できるのが理由になります。

観光への利用の形というのは、旅行先に行くと乙津れ対場所があっても紙面の情報だけではわかりづらいです。そこでアプリケーションで収集した情報をもとに索敵をかけることによって、乙津れる場所の雰囲気がわかるので現地に到着しやすくなります。国外であっても、現地の言葉がわからなくてもアプリを使えば翻訳した情報を渡してくれるので安心です。

そして災害や事故においても、電話でのやり取りだけでは心理的な焦りもあるので正確な場所を特定するのが難しいです。そこで周辺の写真を撮影して、アプリを通して警察や消防に伝えることが出来れば周辺環境の状況から衛星写真などを駆使して居場所や事故の状況を判別できます。居場所や事故の状況が分かれば、どのような対策が出来るのか手段を構築できるので要救助者を助ける確率を増やせます。災害の2次被害も抑えることが、空間情報をうまく活用することで出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *