航空機からのカメラ撮影を個人で実現するには?

空からの撮影を空撮と言います。

町並みをカメラに収めたり、雄大な自然を捉えたりできて、ダイナミックな映像を撮影できます。しかし、空撮は航空機やヘリコプターなど個人ではなかなか利用できないもので撮影する必要があります。航空機以外の方法で利用する方法はないのでしょうか。ドローンという無人航空機の名前は知られてきました。ドローンはもとは軍事兵器として開発・利用されてきたものですが、産業用には農薬散布や工事現場などで使われています。

2010年移行はセンサーの技術革新が進み、他分野でのドローンの導入は相次いでおり「空の産業革命」とも呼ばれています。現在は民間の商品が増えてきており個人で所有することも可能です。このドローンをカメラ撮影に利用する人も増えてきました。ドローンにカメラを搭載し、空撮を行うことが可能です。空撮するものは通信距離が長いものを選ぶといいでしょう。

カメラの重みに耐えられるよう、サイズは200グラム以上のものが適しています。ただ、200グラムを超えるものは国土交通省の許可が事前に必要です。ドローンを操作するのは難しいと感じる人もいるかもしれません。現在のドローンは被写体を追いかけて飛行する自動追尾機能を搭載している商品もあるので、簡単に撮影できるようになりました。自転車やランニングしている人を臨場感たっぷりにカメラに収めることができ、人間が撮った映像とはまた違う魅力のある映像を実現できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *