航空機と空撮用カメラで町の様子を撮影して災害対策を

航空機と空撮用のカメラを利用すれば、町全体の様子が鮮明に記録出来ます。

地上から遠く離れた高所から撮影をする事で、海や山や町の様子が一枚の写真として保存でき、災害対策や歴史の記録などに役立ちます。特に近年、日本列島では色々な自然災害が頻発しており、自治体や大企業はその対策に力を入れているのが実情です。橋や建物の老朽化を調べたい場合は、地上からカメラで撮影しても十分な成果が得られます。一方で山全体の様子や河川の様子を鮮明に確認するためには、空撮が必須です。

航空機と空撮用カメラを活用すれば、街の様々な箇所がマクロ的にチェックでき、災害のリスクが高い場所を的確に割り出せます。客観的なデータで、山や海や河川の状態を記録出来るのも空撮の良いところです。航空機と空撮に特化したカメラで撮影した動画や写真は、後日パソコンやテレビでチェック出来ます。組織内の災害対策チームのメンバー全員で、航空機で撮影したきた動画や写真を確認すれば、良いアイデアや効果的な戦略を立案出来るでしょう。

古い地図や数十年前の空撮写真をベースに災害対策を進める事は、非常に難易度が高いです。同じように見える町の風景も、経年変化で微妙に道幅や崖の様子、以前に補強した道路や橋の様子などが変わっています。航空機でくまなく町全域の様子を記録しておけば、万が一町が被災しても、住民の救助がスムーズに出来たり、市民への避難の呼びかけが迅速に出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *