航空機撮影の成功はカメラなどにこだわる事

飛行機を撮影する事を「航空機撮影」と言いますが、航空機を被写体にした場合、その撮影は通常よりも困難となっています。

航空機に限らず、基本的に動いている物体をカメラに収めようとしても、肝心の写真がブレてしまったりピンボケしてしまったり等上手くいかないです。おまけに太陽の位置によっては逆光が遮ってしまい、思ったような写真にはならないケースが多々あります。いずれにしても航空機撮影は難しいわけですが、慣れていくしかないです。例えばカメラは自分が扱いやすい品で取り掛かったほうが成功率が上がります。

扱いやすいといっても、スマートフォンに搭載されているカメラ機能に頼るのは言語道断です。デジカメも同様で、これらの代物で撮った写真は解像度が低く、綺麗な画像にならないのが理由に挙げられます。そのため使用するカメラは一眼レフカメラ、特に望遠レンズを用いる事がお勧めです。航空機を被写体にした場合、ズームアップするのは基本であるので遠くからでも綺麗な写真となります。

付け加えるなら、オートフォーカス精度と連射性能にもこだわるべきです。前者は自動的にピントを合わせる事ができ、後者は飛行する物体をとらえる事に特化した機能となっています。この2つの機能が揃っていれば、ひとまず撮影は安心できるものの、当然写真を撮る場所にもこだわらなくてはならないです。その場所は展望デッキがお勧めで、基本的にこの場所以外に綺麗な写真を撮るのはないとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *