航空機撮影のお勧めなカメラはキャノン

待機状態ならともかく、飛行したら写真を撮るのが難しい航空機撮影をする場合、使用するカメラはキャノンがお勧めです。

キャノンは国内でもトップクラスのメーカーで、国外からも支持されており、おまけに国内のユーザーの大半がキャノンの品を用いていると言われています。初心者からプロまで幅広い利用者に対応しているキャノンは一眼レフの評価が高く、その一眼レフは航空機撮影に必要なカメラに必要不可欠な品です。一眼レフといってもキャノンでは様々な機能を搭載した品があり、それぞれに適したシチュエーションがあります。

例えば「EOSKissシリーズ」は初心者向けで、これといった設定を行わなくても自動的に調整してくれる機能があるうえに軽量なので扱いやすいです。初心者がカメラ撮影の基本を知るためにも良いため、停止した状態の航空機を撮るには丁度良いと言えます。実は飛行機は夜間が一番難しいものの、昼で、しかも待機状態であればズームアップを用いるだけで簡単に撮る事が可能です。

勿論オートフォーカス機能があれば、思ったような絵は撮りやすいですが、オートフォーカスの速度は高速な機種を推奨します。飛行機のように素早く物体を写真におさめたい場合、どうしても速度が良いオートフォーカスでなければピンボケした写真になりがちです。キャノンでは「EOS90D」などが推奨されているものの、ISO感度といった光に敏感な機能が搭載されているなら夜景を被写体にしたほうが綺麗な写真となります。いずれにしてもキャノンといっても、様々な品があるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *