航空機撮影をしたい人が選びたいカメラとは

あの壮大な航空機の撮影をしようと機体にカメラを向けてみたものの、米粒ほどの大きさにしかならずがっかりしたという経験をお持ちの方も少ないでしょう。

実際、専門性の高い分野であると言われる航空機の撮影には、普通のスナップ写真を撮る時とは違ったカメラを使用する必要があるのです。まず航空機をきれいに撮影するために必要な一つの性能はAF精度と呼ばれるものですが、これはいわゆる自動ピント合わせ機能の精度と言われているものです。この性能が高ければ高いほど飛行機の動きに追いつきやすくなり、その結果ピンボケではなく、くっきりとした綺麗な写真を撮ることが可能になるのです。

場所によっては、滑走路がほとんど見えず、フェンスや林から突然に飛んで来る航空機を撮影しなければならないことがあるかもしれません。そのような場合でも、AF精度が高いカメラなら素早く機体にピントを合わせることができ、シャッターチャンスを逃すといった残念な事態を避けることにもなります。

綺麗な写真を撮るために必要なもう一つの性能は連写性能というもので、非常に速い動きをする機体の一瞬をも逃さないための性能と言えます。もの凄い速さで飛行している航空機を撮影するには障害物も多く、最も良いタイミングでシャッターを切るというのは確かに至難の業と言えるでしょう。カメラのシャッターを切る人に高い技術力が求められると同時に、連写性能の高いカメラを使用する必要もあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *