航空機の撮影に使うカメラはレベルに合わせる

空港や飛行機が通り過ぎるスポットなどで、航空機を撮影するときにはカメラ選びからこだわる方も多いですが、その際には自分のレベルがどの程度なのかで判断するのも一つの指標となります。

瞬時に被写体を補足することができ、かつすぐにシャッターを押せるという上級者の場合には、今まで使っていた一眼レフを使って望遠ズームレンズを買うだけでも満足のいく一枚が撮れますが、初心者でどこにピントを合わせればよいかわからない場合には、オートフォーカス機能が付いているコンデジを選ぶのが一番です。ただコンデジならば何でも良いわけでなく、少なくとも30倍以上のズーム機能が付いているラインナップから選びましょう。

この程度のズームがあれば、遠方からはるか遠くに駐機している飛行機はもちろん、上空の高い位置を飛行しているものも撮影が可能ですので、満足の行くカメラスペックで航空機を撮ることができます。航空機の撮影に向くカメラは画素数が多く、高画質の写真が撮れるものが向いています。

このような機能を持っているラインナップではそこそこの値段が張り、購入金額も高くなるのですが、安価なカメラを航空機撮影のために購入したとしても、後々買い直すことになるパターンがほとんどなので、最初から思い切って高性能のものを入手するのも賢い選択肢の一つです。シャッター速度がはやくて、撮りたいタイミングで撮影ができるカメラは、芸術的な航空機の写真を撮ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *