航空レーザー計測のデータを活用しましょう

航空レーザー計測とはいったいどんなものでしょうか。

レーザー測距儀を航空機に載せて、そのレーザーを計りたい所に発射します。そして、地表から返ってきた反射波との時間差によって距離を求めます。空中写真測量と航空レーザー計測の違いは何でしょうか。夜であっても測れることや針葉樹の生い茂る葉っぱも透ることなどがその特徴です。葉っぱも透るため森林地帯の地形データも詳細に得られます。他にも特徴がいくつかあって、例えば機体に設置したGPSと測距儀に付けたIMUから、航空機の位置を把握することができるところは大きな特徴と言えるでしょう。

なおIMUは慣性計測装置のことです。搭載されたデジタルカメラにより空中写真データを得られるとこともそうです。この航空レーザー計測では水平方向の高さを求めることは難しいかもしれません。レーザー点ごとの高さの精度はプラスマイナス15センチです。もっとも計測高度にこの精度は依存しないゆえ、高々度から撮られたり森林地帯で測られたりした空中写真測量の値より高精度です。

航空レーザー計測のデータとして、DEMという数値標高モデルやDTMという数値地形モデルがありますが、前者と後者はほぼ同じものです。この他にDSMという数値表層モデルもあります。道路や河川、橋などを航空レーザー計測してください。波があれば水面でも計測可能です。そのデータは災害時また砂防や防災、農林業などに活かされるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *