航空レーザー計測の仕組み

地表の高さにおいて航空レーザー計測は写真計測より高精度で求めることができます。

航空レーザー計測では専用の航空機からレーザーを照射して地上の高さを測ります。航空機に載せたレーザー測距装置からレーザーパルスを放射状に照射するといった形です。広い範囲を高密度で計測することが可能です。レーザー計測点ごとの精度はプラスマイナス15センチ程、平面における精度は高さの精度より低くなります。どのように高さを求めているかについては、レーザースキャナとGNSSとIMUの技術を導入して求めています。

GNSSという受信機で航空機の位置を測り、IMUという慣性計測装置で航空機の加速度や傾き、揺れを測るといった形です。航空機に設置したレーザースキャナに関しては、飛行する航空機が進む方向に対し垂直にレーザーパルスを照射します。そして地表から反射するまでの時間差から距離を測ります。1点ごとの高さを1センチ単位で収得可能です。

レーザースキャナとGNSSとIMUの計測値を合わせれば、レーザーパルス1点ごとの座標xyや高さzを求めることができます。航空レーザー計測のいちばんの魅力は、地表の場合、50~60センチで計測することが可能な点かもしれません。たった1秒で数十万回ものレーザーパルスを発射可能です。このことによって地表の高さを面的に捉えることができます。航空レーザー計測で作成した図は様々な分野で活用されるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *