ばらばらの情報を位置や時間で特定して空間情報に

情報社会になりましたが、情報は数多くあるほど安心・安全を確保するために必要になります。

課題を解決するのに情報は重要なポイントになりますが、雑然とした情報はかえって混乱を招くだけです。情報に位置や時間を紐づけることで一般的な情報が一般空間情報として活用することができるようになります。位置をうまく管理して情報をうまく管理したり収集したり利用する社会がやってくるのです。ばらばらであった情報を整理し、まとめることにより多くの問題解決ができるようになり、社会のために活用することが可能になります。

地理空間情報を活用することで「そこだけ」「その時だけの」といった情報の差別化が可能になります。地域の観光やおこめの産地の認証をしたりしてブランド化することも可能になるのです。空間の価値を明らかにすることで土地建物の適正な資産価値を空間情報を利用して円滑にすることで、土地を購入する時の参考資料などにすることができます。

地域空間情報で現在活用されている例として「防災マップ」が、地理上に危険な地域を示すことで住民の防災や都市再開発の貴重な資料で活用しています。ますます情報が高度化し空間情報が重要になってきており地方と民間の協力でそれぞれの情報を持ち寄り、地域の基盤地図に付け加えていくことが望まれているのです。様々な主体が地域が提供する基盤情報に独自の情報を追加していくことで、始めて高付加価値の情報やサービスの提供ができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *