空間情報がもたらす広告宣伝効果

空間情報は位置情報に様々な付加価値を与えるものと注目されていますが、その中でも最も効果を示すのがナビゲーションアプリとの連動です。

最近では多くの人がスマートフォンなどの携帯端末を所有し、様々な場面でナビゲーションアプリを利用することが多くなっていますが、その中に様々な空間情報を与えることで、思わぬ効果を示すことが期待されています。多くの人はナビゲーションアプリを利用する場合、自分があらかじめ決めた目的地に到達するための道順を検索することが少なくありません。

その経路を表示することが本来のこのアプリの目的ですが、その途中で様々な店舗やイベント情報などを表示することで、利用者の興味をより惹きつけることができます。目的地に到達するまでの間時間の余裕があれば立ち寄ったり、また飲食店などの場合には食事をするために立ち寄ったりと言う場合が多くなります。自分が進む経路の近くにこのような店舗があれば気軽に立ち寄ることができ、非常に高い宣伝効果を示すことができます。

近年ではGoogleMapなどの共通的なアプリを利用して地図情報を示すことが多くなっています。これは多くの人が利用しており分かりやすいと言う面からですが、さらに多くのナビゲーションアプリがこの位置情報を利用することが多く、従来の地図表示だけでは分かりにくかった経路を的確に示すことができるためです。これに空間情報を付加することでさらに効率的な広告宣伝を行うことが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *