航空レーザー計測を用いた測量の進化

航空レーザー計測は、航空機に搭載したレーザー発射機から地上にレーザー光を照射し地上からの反射波の時間差で地上までの距離を測量する方法になります。

ドローンの登場で活躍の場を広げた空撮

「空撮」という言葉を聞いて多くの人々が連想させる光景は、パラグライダーやヘリコプターに乗り、実際に上空から被写体となる景色やものなどを撮影する光景であったと思います。