空撮を活用して現状にあった災害対策を

空撮の長所は、街全体を俯瞰で観察できる点です。

同じ街でも、年月が経過すると地形が変化します。特に現代では、地球規模の気候変動が起きており、今までは大きな災害が起きづらかった地域でも、未曾有の天災に見舞われています。数十年前に空撮した街の全体図があったとしても、天災や年月の経過で地形が大きく変動していれば、災害対策の情報源としては採用する事が出来ません。むしろ古い地図をもとに災害対策を考えると、かえって的外れな結果に至ります。

現在、地域全体がどんな地形になっているか、今一度空撮を専門会社へ依頼して再調査しなければなりません。崖や河川の様子が以前と様変わりしており、大雨や地震によって壊れる恐れが高まっている事が、空撮によって分かれば迅速な対応が講じられます。人の目で河川や崖の様子を観察する方法もありますが、地形によっては足を踏み入れる事自体、困難な場所もあるでしょう。空撮なら安全に様々な地形を調査出来ますし、人の目よりも近距離で気になる部分を確認できます。

話題のドローンを活用すれば、自由自在な飛行が可能です。人の目では困難な角度や距離から、崖や河川の様子を確認でき、飛行中の様子はデータとして保存する事が出来ます。動画や写真などで保存する事で、災害対策にあてるスタッフ全員で、情報を共有しやすくなります。目に見える形で危険個所の情報が残り、後から何度でも繰り返し検証できるのがドローンを用いた撮影の優れた利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *