ドローンの登場で活躍の場を広げた空撮

「空撮」という言葉を聞いて多くの人々が連想させる光景は、パラグライダーやヘリコプターに乗り、実際に上空から被写体となる景色やものなどを撮影する光景であったと思います。

しかし、昨今では新しい記述を用いながら、より簡単にかつ精度の高い映像が取れるため、比較的若い世代の人達から少しずつ新しい「空撮」のイメージが定着してきつつあります。実際に最近の若い方々に空撮に対しどんなイメージを持っているかを尋ねると、最近のドラマや映画、音楽のPVなどでも頻繁に使用されるカットで、ドローンを用いた空撮のイメージが真っ先に出てくるようです。

このドローンの登場により、空撮を専門としていた技術者の方々は少なからずに影響を受けざるをえない状況であったことは言うまでもありませんが、この業界にとって良かった点もあり、これまでのテレビの中の潜在だけでなく「YouTube」でも活用される視聴者へ向けた作り手の意思訴求を効率的にしてくれる優秀な技術手段となりえたのです。

更に、このドローンの登場はメディアへの影響だけでなく、医療・介護や大小問わない物流の現場でも大変注目を集めており、それに応じて業界の先々のマーケットとしての広がりを見せることに繋がりました。前述のドローンの登場は私たちの生活に大きな可能性を見出してくれたですが、それに合わせてこれからの社会においては実際にドローンを飛ばし撮影まで行うドローン操縦士の需要が高まってくると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *