航空レーザー計測の概要と実用例

土地の形状や正確な位置を測定するには、土木測量という調査をおこなわないといけません。

カメラのような形状の測量機を地上に設置して、スケールを持った方と2人1組で測量を進めていくのが2000年代以前の主流でした。昨今ではより迅速且つ正確な計測が可能となり、地上で作業をする方を見かけなくなっています。現在主流の測量のことを「航空レーザー計測」と言い、航空機を使用して上空から地形の計測することが可能です。「航空レーザー計測」は1997年に日本の大学で研究開発された土木技術のひとつで、地上に設置したマーカーに向けて航空機からレーザーを照射します。

このマーカーはレーザーを反射する特殊な塗料は塗られており、反射したレーザー光線を測定器が受信して距離・形状をコンピューター上で処理をして3Dという形で目にすることが可能です。以前までのアナログ的な計測とは異なり、瞬時に距離と地形図を入手できるので幅広い分野で採用されている計測方法です。

我々の生活にも「航空レーザー計測」は用いられており、スマートフォンで表示される地図もこの計測法を使用して制作されています。現在地から目的地までの距離を検索した際に正確な距離を提示してくれますが、これも「航空機レーザー計測」を使用してあらかじめ測量されていたからこそ実現できたサービスです。「航空レーザー計測」は今後も地図の製作はもちろんのこと建築物のスケール測定などにも活用されていき、より高度で詳細な情報を得られてゆく高度な測量法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *