航空レーザー計測を用いた測量の進化

航空レーザー計測は、航空機に搭載したレーザー発射機から地上にレーザー光を照射し地上からの反射波の時間差で地上までの距離を測量する方法になります。

飛行機で地上を撮影する測量法と異なる点は、レーザー波を用いて、樹林の葉っぱも透過することができる点です。飛行機の撮影では、樹林の内部の状態を確認することはできません。森林における正確な地形図を作成できるのです。発掘にあたって掘り起こすことが難しい古墳の地形図をつくる時も航空レーザー計測が威力を発揮しています。正確な地形図を3D画像による等高線を描くことが出来るので古代史を解明する手立てとなっているのです。

航空レーザー計測を用いた測量では、3次元の点群データを取得する技術を使うことで地形表現方式のひとつとなる数値表層モデルを使用できます。地形標高データを標高値をデータで分けたり、光源位置の方向と高度を任意に設定することができるのです。航空レーザー計測で得られたデータは、空間情報で利用することもできます。「防災」に地形図を使ったり「道路」の測量や保全などで活用しているのです。

農業や河川の氾濫予測にも利用しています。都市計画をつくるにあたって、航空レーザー計測によって得られたデータを活用して土地の有効活用を図っていくことができるのです・多くの分野で利用されることが期待されており、レーザーパルス照射するだけで森林の内部や水の底の状況まで解明できるので河川整備に利用されています。新しい技術が、3次元データにすることで測量を高精度なものに変えているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *