3D地図作りに役立つ航空レーザー計測

レーザー光線は光源から発射されるとまっすぐに進み、何かにぶつかって反射するとまたまっすぐに戻ってくるという特性を持っています。

これを応用したのが、レーザー計測です。発射されてから戻ってくるまでの時間を計測することで距離を算出することができるため、凹凸のある対象物の形状などを短時間で効率的にとらえることが可能です。建築物の外観を忠実に記録する、工業製品の寸法を分解することなく調べるなど、多方面で利用されています。レーザー計測機はサイズも大小さまざまなので、コンパクトなものであれば持ち運びも容易です。

外に持ち出して、地形などを計測することも可能です。時には空の上で計測作業を行うのにも使われたりします。これを航空レーザー計測といい、精密な地図を作製したりする際に活用されています。航空レーザー計測では、飛翔体に計測機を積み、上空から地上に向かってレーザーを照射します。すると、戻ってくるまでの時間を計ることで、地上までの距離が分かります。

この作業を飛行しながら連続して行うと、地形の起伏や工作物の設置状況などを三次元レベルで記録することができます。得られたデータは、地図の作製に使用することができます。上空からの様子を図像化する方法としては他に航空写真がありますが、航空レーザー計測の場合はデータが3D対応なので、平面図だけでなく鳥瞰図などを作るのにも使えます。また、レーザー光線は水を透過するため、写真には写らない川底や湖底などの様子も立体的に把握できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *