航空レーザー計測のデータでできること

航空レーザーというもので3次元の計測をすることができます。

航空レーザー計測は俗に3Dと呼ばれる3次元の点群データを得るための技術です。これは地形における表現方法である数値表層モデルを作るときに用いられるものです。この航空レーザーによるデータは防災や砂防、農業などで活用されています。道路や河川、森林また都市計画でもそうです。積雪や地すべりの状況把握の際にも役立っています。段彩図という地形標高データを連続的に分けてそれを色分けして表現するものなどを、航空レーザーで作成することができます。

陰影図という光源である太陽の方向と高度を設定して、地形がどんな風に起伏しているか表現するものも作成可能です。段彩図と陰影図を合成した陰影段彩図また鳥瞰図というものも作ることができます。水底部の航空レーザー計測も可能です。航空レーザー測深機は測量船が入っていくことができない浅瀬及び岩礁地帯の水中地形を空から測る技術です。

航空レーザー計測では高解像度のデジタル航空カメラによる撮影もできます。3D情報と一緒にフルカラーまた近赤外画像データを取ます。国土の細かい3次元モデルを航空レーザー計測によって整備することができるでしょう。整備すれば災害の予測精度が高まったりして、国土保全の施策を取ることができます。高精度な3D都市モデルを構成することもできます。また都市計画を住民に説明する際の資料としても利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *