SMSとMMSの機能・用途の違いとは

キャリア携帯電話や一部の格安SIMに契約をすると、MMSとSMSの2種類のメールが利用できるようになります。SMSは携帯電話番号宛にメッセージを送信しますが、MMSは携帯電話番号とは関係なくPCとの間でも送受信ができるキャリアメールです。両方とも携帯電話同士で文字情報を送受信するための機能ですが、使い方に違いがあります。SMSは電話番号と紐付けられていて、携帯電話の番号を持っていないと送受信ができません。

文字数や使用可能なフォントの種類などに制限があるので、多くの情報を送るのに不向きです。ただしSMSは携帯電話番号がないとメッセージの受信ができないため、電話番号の確認ができるという特徴があります。電話番号同士で送受信するSMSは、個人を確認する目的で使用されます。例えば1人に付き1つのアカウントしか持つことができないSNSアカウント登録時の確認や、不正アクセス防止用の2段階認証などで必要になります。

ユーザー名とサーバー名が@で区切られたMMSアドレスは、インターネット用のメールとして開発されました。携帯電話が普及する以前にも、PC間でメッセージを送受信する目的で多く用いられていました。MMS(キャリアメール)のアドレスは携帯電話の番号とは独立しているため、電話番号の有無に関係なくメッセージの送受信ができます。本文で使用可能な文字数が多く、画像やその他のファイルも一緒に送受信をすることができるという特徴があります。

MMSは電話番号の確認用に使用することはできませんが、メッセージを送受信する目的で多く用いられています。PC用のメールアドレスを取得すれば、携帯電話会社を乗り換えても引き続き同じメールアカウントを使用することができます。MMSのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *