ドローン空撮について

空撮とは、ドローンを使って空から撮影することです。空撮をする理由は多くあります。例えば、人が行くことのできない危険な場所の撮影や人の力ではできない角度の撮影など、さまざまな利点があります。しかしドローンで空撮をするのには、ある程度の知識と経験、そして申請が必要です。

(私有地の場合を除く)なぜ申請が必要なのかというと、ドローンは無人航空機にあたるので、国土交通省による飛行の許可と承認が必要です。ここで承認が必要な飛行例をまとめておきます。1つ目は空港の周辺を飛行する場合2つ目は夜間に飛行する場合3つ目は操縦者がドローンを目視できない時の飛行4つ目は公道の上空など、その他にも民家の密集地や国の重要な施設、私有地の上空にもドローンの飛行許可が必要です。そのためドローンで空撮する際は、必ずドローンの飛行許可の申請をしましょう。

ここまで説明すると申請が面倒くさいと思うかもしれません。ですが申請さえ完了すれば後は絶景の撮影、映画がやドラマの撮影など、さらにドローンの操縦者は数が少ないため需要が高く、求人や社員募集が多く、自身が撮影した写真を、企業や製造業社に提供することで、稼ぐことができます。なので趣味と仕事を同時にすることができます。最後にドローンは年々進化していて、ドローンの小型化またカメラの小型化が進んでいます。

その為、飛行する際の規制が厳しいですが、空撮は撮影の自由度が高いため自分のアイデア次第で様々な写真が撮れて楽しめると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *