モービルマッピングシステムで電柱マンホールを計測

ここでは、モービルマッピングシステムを使用した、電柱マンホールの計測についてや、計測データの活用方法を紹介します。モービルマッピングシステムは、高精度のカメラやセンサーにより電柱やマンホールの位置や大きさ高さを計測できます。以前なら、現場調査で人が現地に赴いて確認したりしていたものが、クルマによる走行で自動でデータを取得できるので効率的です。地中のマンホールの位置や大きさは、主に下水道管理システムのデータを加工修正するときに使用します。

市役所の担当者などが主に使用するこのシステムは、道路情報のように地中の下水道の配管の流れを表す地図になっています。この下水道地図は専用のCADでデータの加工や修正をするのですが、その際にモービルマッピングシステムで集めたデータが役に立ちます。次に地上の電柱の計測については、モービルマッピングシステムによって電柱の高さを計測して、こちらも専用の管理システムに登録します。これによって、正しい電柱の位置や種類が分かりメンテナンスや建築などの様々な仕事に活用されます。

電柱の計測は、今後のケーブル工事の際にも正確な情報が必要なので、モービルマッピングの高精度カメラ&センサは現代では無くてはならない技術になっています。この電柱のデータを得る事によって、実際に現場を調査しなくても必要な長さのケーブルやその他設備について設計することができます。ただし、マンホールも電柱も人による現場調査がまったく不要かというとそうでもなく、実際に人の目で確認することもあります。その際、デジタル地図データを活用することで人の負担を減らす事ができます。

モービルマッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *