モービルマッピングの活用例

モービルマッピングは、車両のルーフなどに測量機器やカメラ等を搭載し、走行しながら地図情報を収集する手法を意味します。搭載機器にはGPS受信装置も含まれており、リアルタイムで位置情報を取得できるのがメリットです。収集した情報は3次元データとして編集でき、施設整備やナビゲーション、運行管理などに役立てることが出来ます。従来の測量手法では、平面的な地図情報の取得に留まっていました。

収集には航空機などが用いられ、コスト的にも高くならざるを得なかったわけです。それに対してモービルマッピングでは、GPSを活用することで低コストの上に詳細な位置情報が取得できるようになりました。さらに、IT技術の進歩も加わり、取得データをクラウド上で管理できるのもメリットです。モービルマッピングの大きな魅力は、一度の走行で大量の情報を取得できることです。

定点的な測量と異なり、移動しながら位置情報を取得できるのが最大の強みとなります。そのため、作業時間の大幅な短縮が実現され、測量コストも劇的に低下することになるわけです。しかも、取得データは自動的に3次元されるので、リアルタイムで編集できるのも魅力です。これにより、広範囲の地域情報が管理できるようになり、様々なシーンに役立てることができます。

現在は都市計画や長距離の道路建設、そして各所インフラ整備・補修などに活用されています。一方、モービルマッピングのウィークポイントは、車両が走行できるエリア内に限定されることです。また、道路周辺に障害物があると、詳細なデータが取得できないケースもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *