モービルマッピングシステムの特徴

モービルマッピングは、自動車にデジタルカメラと3次元のレーザースキャナーを搭載することにより、道路やその周辺の映像をデータとして取得することが出来ます。昨今ではマップアプリやソフトにより、道路情報を取得することが難しくなくなりましたが、モービルマッピングではそれら以上に詳細な情報を得られるため、一部の企業では導入が進んでいます。このシステムはGPSの移動体計測装置が使用されており、その性能次第でマッピングのクオリティが変わります。そのため、高精度なGPSを使用することが重要といえるでしょう。

モービルマッピングではすでにキャリブレーション済みの画像と、点群の画像を取得することになります。このうちの片方にしか対応していない機種もありますが、その場合には取りこぼしが生まれてしまいます。取りこぼさない場合にはキャリブレーション済みの画像と点群の画像をどちらも詳細にキャッチし、データ保存できる機種を選ぶことが重要となります。光センサーによるイメージデータの取得により、様々な事業にかゆ用することが出来ます。

モービルマッピングには専門の機器が必要ですが、車両の改造などは行わなくても問題ありません。そのため、すぐにでも導入することが出来ます。レシーバを利用することで、拠点でデータを収集することが可能となっています。3Dでのデータ収集を行うことにより、より詳細な内容を後から確認できるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *