モービルマッピングが変えるインフラ道路計測

3次元レーザーや高性能デジタルカメラ、GPSなど高度な機能を備えた車両で道路周辺情報を計測することをモービルマッピングといいます。走行するだけで周辺情報を収集し3次元マップ情報へと自動的に加工するため、期待されている自動運転車の普及に加えてインフラ整備や更新、災害対策に欠かせない技術です。ポイントとなるのが、走行しながら自動的に計測することでしょう。以前までの道路計測では、道路周辺に専門知識を持つスタッフと機材を運び込み、一定時間専有することで情報を集めていたため、人手と時間の負担がかかりました。

モービルマッピングにより、計測したい場所を走行するだけで良くなったため、作業効率が大幅に改善しています。モービルマッピングは、効率性が高まっただけではありません。その精度は極めて高く絶対精度10cm以内、相対精度1cm以内で計測できるといいますから驚きです。どれぐらいすごいのかというと、走行中に道路の凹凸やセンターラインのひび割れなどの形状、ガードレールや路面表示や道路標識、さらにはマンホールの位置まで収集できます。

また計測したい場所を数回往復したり複数車両で走行すると、より高精度な情報へ加工できるようになりました。モービルマッピングの要となるのが、車両屋根に搭載する計測機器です。屋根には3時次元計測に欠かせないレーザスキャナーやデジタルカメラ、さらに車両の位置を収集する自己位置計測機能などたくさんの計測器や画像機器を搭載しており、その見た目はまるで王冠をかぶっているように見えなくもありません。ある意味で3次元道路計測における王者的存在が、モービルマッピングと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *