MMSとはどのような通信手段であるか

MMSとは、MultimediaMessagingServiceの略で携帯キャリア会社が独自に確立したメールによる通信手段です。この通信手段は、携帯キャリア同士で身近なメッセージをやり取りすることが可能な通信手段で、携帯キャリアが異なる会社同士でもメールにてメッセージのやり取りをすることが可能です。ただし、この通信手段には制約があります。MMSの制約ですが、この通信手段は携帯キャリアを通してでしか利用できないというと規約があるのです。

その為、キャリアを通さないフリーsimタイプのスマートフォン端末では利用できないメールシステムになります。それら特性を踏まえた上でMMSの利点を解説しますと、スマートフォンや携帯電話を提供しているキャリアが異なっていても動作するメール送受信システムであること、特別なアプリを必要としていない点が挙げられます。つまり、スマートフォンや携帯電話が持つメール送信機能だけでメッセージをやり取りすることが可能で絵文字なども使用することが出来るのがこのMMSになるのです。なおメール送信に利用するアドレスは、キャリアから提供されているメールアドレスを使用してメールの送受信を行うのでキャリアに加入していない物は絶対に利用できない仕組みなのです。

しかし、ショートメールとは異なりメールの送受信に関して文字数の制限がないのでSMSと言うメールシステムと比較した場合、MMSのほうが利点は大きいのでキャリアが提供するサービスとしては制約こそありますが利便性があるメールシステムになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *