MMSで取得できるデータ

MMSはモービルマッピングシステムの略で、レーザー測量、高解像度カメラ、GPSを使って周囲の情報を取得することができます。移動するだけで多くの情報を取得できるので、従来のような測量よりも効率よくデータが可能となりました。取得したデータは、後処理によっていろいろな情報として作り変えられます。MMSで取得するデータとはどのようなものでしょうか。

まずはGPSで測定地点を特定します。その座標に対して、レーザー測量のデータと高解像度のカメラの全周囲映像が記録されます。このデータを座標ごとに記録するのでつないでいくことで空間として再現することが可能です。レーザー測量は、レーザーを照射したあとで物体に当たって返ってきた反射を検出することで位置を測定しています。

つまりレーザーの照射ごとに、物体までの距離が点として記録されます。複数のレーザーを照射するとそれだけ点が記録されるので、全てを組み合わせると出来上がるのが三次元の空間データです。その空間データに高解像度の全周囲の映像を貼り付けていくと、三次元映像として復元できるわけです。それぞれのデータは独立して存在しているので、必ず三次元映像にする必要はありまあせん。

レーザー測量のデータだけを利用して、位置の変化を把握するために利用することもできます。MMSは取得したデータの取り扱いは限定的でなく、これからもいろいろな分野で活用されることとなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *