緊急の現場で活躍するドクターヘリ

ドクターヘリは、医師を早急に救急現場に連れて行くためのヘリコプターのことで、機内には初期治療に使用する医療機器や医薬品などが装備されています。基地病院の敷地内で常に待機していて、出動要請に応え、現場に到着するとフライトドクターが速やかに治療を行って、受け入れ先の医療機関へ搬送します。患者を医療機関に搬送する救急車とは違い、早期に治療を始めることができるのが特徴です。消防本部指令室に119番通報が入ると、現場に救急車を向かわせて、ドクターヘリの基地病院に出動を要請します。

使用されるヘリコプターは小型のもので、学校の校庭や公園、空き地などのあまり広くない場所でも着陸できるようになっています。ドクターヘリが現場へ向かう時には、フライトドクターとフライトナースが乗り、救急車と合流する場所のランデブーポイントに到着すると着陸します。フライトドクターとフライトナースは、そこで救急車に乗り込んで、素早く患者の治療が始まります。現場出動の他にも、患者を医療機関から他の医療機関へ、施設間輸送することも行っていて、高度な医療ができる医療機関に患者を搬送する場合が多いです。

救急医療のためのヘリコプターなので、緊急性がある患者のために出動することが基準となっています。地方では身近な場所に医療機関がなく、緊急性が無い場合でも遠くの医療機関に行くために、ドクターヘリが活用されています。また、山間や離島などへ医師を派遣するために、活用ことも検討されつつあります。ドクターヘリのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *