医療スタッフを乗せて飛ぶドクターヘリ

ドクターヘリは医師を早く患者のところへ連れていくために、医療機器や看護師を搭載し救急現場に向かうヘリコプターのことです。救急医療用ヘリコプターともいい、普段は基地病院に常駐しており、要請に応じて現場に向かい必要な医療処置をおこないます。救急車と異なり、現場に到着するまでの時間や病院までの搬送時間が短縮されることから、救命率があがり重篤な後遺症を軽減できるメリットがあります。また身近に医療機関がないエリアでも活用できることから地域の医療格差をなくすことにも貢献しています。

ドクターヘリの具体的な運航については各都道府県が設置要綱を定めており、それに基づいて運航の詳細や救急車とのランデブーポイントが決められています。出動は協定を結んだ消防署や警察署などの関係機関から基地病院に対して要請があったときに限られ、搬送費や出動に関する費用はかかりませんが、機内で応急処置に要した費用は後日請求されます。救急車や消防防災ヘリコプターと異なる点は、ドクターヘリは医師が現場で医療行為ができるのに対して、医師が病院で待機している救急車は迅速な医療提供が難しい点です。また消防防災ヘリコプターが医師をのせて出動する場合は、病院まで医師を迎えにいく必要があるので救急措置まで時間がかかります。

ですが防災ヘリコプターのドクターヘリとしての活用は多くの都道府県でおこなわれており、併用することでより効果的に運用されています。ドクターヘリは相互に協定を結ぶことで広域連携して運用することもできます。例えば大阪府は奈良県や滋賀県などを含む関西広域圏で、富山県は岐阜県飛騨地区北部と、東北地方は青森・岩手・秋田などが共同で運航しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *