ドクターヘリがある病院は規模が決まっている

ドクターヘリは、救急搬送が必要な患者を乗せて空を飛ぶヘリコプターのことです。コードブルーという言葉で知られているものですが、緊急事態で大変なときには陸を道路にそって走るよりもずっと速く患者を移送することが可能です。緊急チームがあるので、看護師や医師はそのような事態に備えていつでも出発することが出来るように考えられています。ドクターヘリは遠方の島や診療所などへ行くこともあるので、診療所にはヘリがとまりやすい場所を用意してあることもあるそうです。

ヘリはパイロットと医師、看護師に救急事態に備えた器具や機器が多く搭載されており、すぐに治療をすることが出来るように考えられています。ドクターヘリが利用されるのは災害や遠方からフェリーや車などで移送出来ない緊急事態だけではなく、山の災害のときや遭難した人が重症である場合も利用されるといいます。どんな場所でも移送することが出来るように担架だけではなく、ロープや災害用の用具が搭載されているヘリなので広くはありません。しかし、その高度な技術はどのような患者の状態にも対応出来るようになっています。

ドクターヘリの利用はある程度病院の規模や患者の人数、そして周辺の状況などで決まっているようです。ですが病院にヘリが降りることが出来る場所があれば、ドクターヘリを用意することは可能だということです。きちんと許可を取ることは必須ではありますが、コードブルーのドクターは本当に優秀であると判断されないとなかなか慣れないという話しもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *