道路管理業務を効率化するモービルマッピング

道路の維持管理は安全な市民生活を送るうえで欠かせない、公共性の高い業務となっていますが、この業務を効率的に遂行するのに役立っているのが、モービルマッピングと呼ばれるシステムです。路面の状態や周辺施設の状況などを、広範囲にわたって迅速に調査することができます。モービルマッピングは、各種機器を車両に搭載し、走行しながら計測作業を行うシステムです。機器の構成は具体的な用途によって異なりますが、メインとなるのはレーザースキャナ・GPS・デジタルカメラの3点です。

このうちレーザースキャナは、土木建設現場などで行われるレーザー測量と同じ原理で、対象物の距離や高さなどを、相対的な座標情報として取得します。さらにGPSによって、それらの情報がどの地点で計測されたかという絶対的な座標情報が付加されます。一方、デジタルカメラはその計測地点がどんな様子であるかを画像に記録します。これらの情報を綜合すると、特定の地点における路面の状態や周辺にある信号機・ガードレールの設置状況、街路樹の状態などを3次元のデータにまとめ上げることができます。

従来、これらのデータを取得するには計測すべき地点に機器を固定し、人力で作業を行わなければなりませんでした。そのため、対象範囲が広くなればなるほど手間と作業時間が増大するという課題がありました。これに対し、モービルマッピングでは車両を通常走行させるだけで連続した計測作業が可能になります。調査ポイントは数センチメートル単位で指定できるので、数キロメートルにわたる道路でも詳細なデータを簡単に得ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *