プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

プラスチック(樹脂)加工の試作品と量産品の違い

プラスチック(樹脂)の量産加工は一定量をまとめて生産する、生産ロットはメーカーや部品の種類により異なりますが、金型を使って一定量の生産を行えば生産効率はアップし、コストが下がるメリットを期待できます。また、プラスチック(樹脂)加工は、様々なプラスチック材料から材質を選択して生産のときに着色ができるメリットもありますし、大きな圧力をプレス機で与えて成型を行うと完成時には密度の高い部品を作り出せるので材料由来の高い強度を持つ部品を大量生産することも可能になって来ます。試作品のコストは、大きさや形、加工方法や材質などにより大きく変わります。大きさなどにもよりますが、1個当たりの価格は数千円から数万円などになることも少なくありません。

試作品から量産品に移行するまでの期間が長引けば、試作コストは多くかかることからもプラスチック(樹脂)成型の中では最初に試作型と呼ぶ金型を作りコストの削減を図るのが一般的です。仮に、プラスチック(樹脂)の塊を切削して部品を作るとなった場合、切削加工は一つずつ部品を削り形を整えることからも手間が多くかかりますし、時間も必要になるなど金型では寸法を出すことが難しい場合以外はメリットは少ないといえます。その点、試作金型は取り数を多くすれば一度に生産できる数を増やせるので、プラスチック(樹脂)成型を繰り返せば量産品と同等の取り数を確保できるなど金型を作ることへの検討は大きなメリットに繋がって来ます。プラスチック(樹脂)加工の試作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です