プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

メーカーは試作を繰り返して製造する

商品を開発するメーカーは、常にあらゆるアイデアを社員から募集してストックしています。どのアイデアを形にすると売れる商品が出来るかは、企画段階である程度は判別出来るものの作ってみなければ分からないところもあります。それは製品の製造というものは試作を繰り返すものであるからであり、試作していくたびに修正や改良が入るからです。初めに想定していた形や機能とは違ったものになる可能性があるため、企画書の段階では完璧な予想が付きにくくなります。

個人でやるとしたらその段階でゴーを出すのは難しいですが、メーカーであるならそれが仕事なので一つずつ進めて行かれます。試作を繰り返すというのは、逆に言えば企画書の段階ではいまいちだと思っていたものが段々良くなる事でもあるため、メーカーはそういった要素も鑑みて話を進めて行きます。プラスチック製品であれば金型を作り、そこに溶けたプラスチックを流し込んで製品を作ります。また、形を確認したいだけなら木型のモックアップを作ってあらゆる角度から眺めてみるのもいいでしょう。

そうやって多数の観点から商品を検討し、また大勢の視線を入れる事により抜けていた要素や問題となる部分をブラッシュアップしていきます。パッケージに入ってお店で売られている商品が、あれだけしっかりしたものに見えるのは実際にそれだけの経緯を経て作られたからであり、メーカーの人達の努力の結晶だと思って見てみると感慨深いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です