プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

試作を繰り返し金型で成型する

多くの商品を作るにあたり、意識しておかなければいけないのが金型の存在です。商品開発にあたって試作を繰り返す訳ですが、材料費やパッケージ台、広告だけでなく金型の成型もコストとなってくるからです。プラスチックで出来ているものであっても金属の型が必要になるのは困った話ですが、プラスチックは金属の金型に流し込んで成型するため、仕方ない部分なのです。もちろん、金型は金属を削り出して作りますし、その設計図も必要になります。

製品自体の設計図が必要な事は分かるでしょうが、それを取り囲む方にも設計図が必要なのです。そしてそれは、試作を続けて行くなかで少しずつ形が変われば、当然金型も対応しなければなりません。自社で出来るのなら事情も変わってきますが、試作でバージョンが変わる度に新しいものを作って成型していくと考えると、大変なコストと思っていいでしょう。出来るだけコストを抑えるためには、よく練って試作することで微調整を少なくします。

モックアップといった手作りして感覚を掴んだりテストしたりする試作も検討してみるといいでしょう。今では3Dプリンターなどで簡易的に再現する方法もあります。とにかく修正する度にお金が出ていってしまうので、企業活動としても出来るだけその部分を抑えて完成まで辿り着く事が重要です。さらに言えば、そういった要素を知らずに材料費だけで価格設定をしようとする人への対策も、必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です