プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

プラスチックを金型に流し込んで成型し試作を繰り返す

お店に並ぶ様な多くの商品を作ってきたメーカーならいいのですが、これから初めてプラスチック製品を作りたいと考えている会社なら、抜かして考えてはいけない要素があります。それは、プラスチック製品には金型というものが必要であり、その製造コストも考えなければいけないという事です。プラスチック製品は本体の設計はもちろんですが、金型も用意しなければなりません。それは大量生産するには溶かしたプラスチックを型に流し込んで作って行かなければいけないからです。

型に流し込んだプラスチックが冷えて成型され、完成します。ただし成型してみたら少しおかしかったなど、想定外の事は起こるものです。そこで試作を繰り返し、ちょっとずつ修正して悪いところを潰していき、試作の果てに完成品になるのです。ただし、この試作して成型しての流れで全て金型を作っていてはお金がいくらあっても足りません。

そこで、出来るだけ低コストで完成状態を確認するために、木で作ったモックアップだったり粘土で作ってみたいと実際の形にして確認する方法が採られているのです。金型をいちいち作っていては大変ですが、いくつか大きな峠を越えたら一度作ってみて、金型側で問題がないかの確認も必要になります。型を作る専門の工場を持つ会社もたくさんあり、こういった製品は顔を突き合わせてその工場にいる技術者と相談しながら作って行く事になるでしょう。元々チーム作業ではありますが、会社間を越えた共同作業にもなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です