プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

プラスチック(樹脂)の切削加工

プラスチック(樹脂)は、日用雑貨や家電など様々な商品に使われており生活には欠かすことのできない存在になっています。プラスチック(樹脂)は加工しやすい素材ということもあり、単純な形状のものから、かなり複雑な形状に加工されているものもあります。さらに、ペットボトルのように中が空洞になっているものもありますが、プラスチック製品がどのような方法で加工されているのかを知らないという人も多いのではないでしょうか。プラスチック(樹脂)には様々な加工方法があります。

加工では金型を使う方法も良く利用されています。この場合は短時間で大量に製品を製造するkとことができますが、加工をするためには金型を作成しておく必要もあります。切削加工と呼ばれる方法も、プラスチック(樹脂)の加工に使われることがあります。切削加工というと、金属や木材の加工に向いている方法で工具を使って削りながら加工していきます。

切削加工では金属や樹脂を様々な厚さや大きさ形状に加工することができます。複雑で精密なデザインにも対応できますし、金型が必要ないので納期が早くなるというメリットもあります。切削加工では、様々な素材の加工ができますが、特にプラスチック(樹脂)は難易度が高いといわれています。加工時の摩擦で熱が発生しますが、プラスチックは熱が加わると膨張し、冷えると収縮するという特徴もあります。

それゆえ、熱による影響も考えながら加工していくことになります。プラスチック(樹脂)の切削のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です