プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

試作品作りに便利な加工しやすいプラスチック(樹脂)

おもちゃから家電製品、さらには自動車までを生産するとき、必ず試作品を生み出してから製品化をなされます。これは最終段階まで試行錯誤を繰り返して安全面・デザイン性・機能などを考慮し、その後大量生産をするための金型を作らないといけないのが理由です。以前は石膏を用いて試作品を作っていましたが、現在では加工がしやすいプラスチック(樹脂)を採用されるようになりました。プラスチック(樹脂)というと、熱を加えれば簡単に曲線をつけることが可能です。

グラインダーを用いれば表面を削ることもでき、試作品を加工して新しいスタイルに作り変えるのにも便利な素材といえるでしょう。ここでは簡単に、プラスチック(樹脂)の概要と加工をするのに便利なアイテムをご紹介していきます。まずプラスチック(樹脂)には大きく分けて2種類の素材があります。ひとつはポリ塩化ビニールであり、柔軟性に長けてはいるものの、耐久度が低いというのが特徴です。

もうひとつは合成樹脂であり、一般的にはシリコンとも呼ばれます。この場合はシリコンに紫外線を照射すれば自由に強度を変更できるため、試作品作りで多く用いられています。加工をする際はトーチと呼ばれる点火装置を使用するのがおすすめです。約80度に熱せられた温風を照射する装置で、プラスチック(樹脂)の表面に当てると自由に角度を曲げる事ができます。

ホームセンターなどで販売されているので、入手がしやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です