プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

プラスチック(樹脂)の試作品は3種類の加工方法

身の回りにある電化製品および電子機器の部品に多いのが、プラスチック(樹脂)材料を使ったものです。スマートフォンのケースやリモコンの筐体および電池蓋、自動車の運転席周辺や電源コンセントなど、様々な場所でプラスチック(樹脂)部品が使用されています。これらの部品は、試作品を作り量産品になったものですが試作品の中には世の中に登場しなかった別の形になり登場した製品も少なくありません。そのため、プラスチック(樹脂)加工では3種類の方法のいずれかを利用して試作品を作る必要が出て来ます。

将来的に量産計画があるときなど、金型を使った方法が一般的です。最も、試作品から量産品になるのが一般的ですから大半の場合が金型成型を利用したモノづくりになります。ただ、金型を作るとなると数十万円から数百万円、金型の材質にもよりますが高額な費用が掛かりますし、金型にも試作型と量産型の2種類があり量産型までの間には幾度もの変更が行われるのが一般的です。数が少ないときには金型は選択肢から外れるのですが、この場合に有効となるが3Dプリンターや切削を利用した加工手法です。

3Dプリンターの場合は、プラスチック(樹脂)材料を通常のプリンターに使うトナーに置き換えた形で考えると分かりやすいのですが、3Dデータを印刷機に提供することで内部で図面通りのモノづくりが行われ、完成品を取り出せるメリットがあります。また、切削加工は旋盤やフライスなど様々な加工方法で部品を作ることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です