プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

切削加工でプラスチック(樹脂)の試作品

プラスチック(樹脂)材料を使った部品を作りたい、このように考えたときには図面通りにモノづくりができる方法を選択することになるわけですが、一般的に試作品を作ってから他の部品との組み合わせを考え量産品へと移行する形になります。中には、試作品段階で別の形に変わることもあるので、最初から金型を使ったプラスチック(樹脂)成型ではなく最初の内は3Dプリンターを使って他の部品との噛み合わせなどを見たり、ケース内に収まるのかなど検証することになります。本採用が決まれば金型で加工することもできるのですが、金型を作るとなると高額な初期費用が必要になって来ますので、量産品のロット数が多ければ初期費用は打ち消される、いわゆる元を取ることが可能になって来るのですが、ロット数が少ないと将来的な金型のメンテナンスなども含めるとコストアップになりがちです。プラスチック(樹脂)の試作品を作るときの方法として、切削加工を利用するやり方もあります。

切削加工には、旋盤やフライス、穴あけや研削などの方法があるのですが、それぞれに特徴があります。例えば、旋盤の場合は対象物を削って丸形状にする、フライスの場合は対象物を削って角形状にするなどそれぞれの手法で使い分けることが可能です。また、研削は旋盤やフライスなどの手法で形を作った後に、表面の仕上げで利用する切削加工の手法の一つで特に目に見えるような場所に使う部品などでは必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です