プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

試作加工にプラスチック(樹脂)を使用

プラスチック(樹脂)は試作加工にも適した素材で、製品版が完成する前のテスト作品にも利用されています。幅が広く使える素材であり、3Dプリンターなどの工法でも使用できるのが魅力でしょう。また、扱いやすさから短納期での納品ができるのもポイントです。試作加工でプラスチック(樹脂)を使ったテスト作品を作成し、繰り返しテストを実施することができれば、製品版はより完成度の高いものになるでしょう。

試作加工ではプラスチック(樹脂)の他にもポリアセタールやポリカーボネート、アクリルなども代表的な素材に挙げることができるでしょう。いずれの場合もシミュレーションだけでは判らない実物のサイズ感やデザイン、機能を試すために適しています。机上で作成された図面がいくら完璧なものであったとしても、実物を作り上げてみると予想とは異なる動きをした、思ったよりもデザインが良くないといった問題は多々発生するものです。問題を解決するためには繰り返しのテストとフィードバック、そして修正後の再挑戦が必須となります。

プラスチック(樹脂)で加工試作を繰り返すことにより、図面で予定していた完成品により近づけることができるでしょう。プラスチック(樹脂)で試作加工を行う際には、小ロットでの発注が基本となります。大量生産に比べるとコストはかかるため、現在判明している問題点を絞り込んで発注をかけることで、よりスムーズに計画を進行させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です