プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

射出成形による製品の製造

生活を行う上において様々な製品が利用されます。製品を作る際には、そのもととなる材料の性質に最も適したものを利用する事が、数多くのメリットをもたらします。そのことを十分に踏まえ、多くの製品は製造されています。例えば木製品であれば、切削加工により整形を行うというのが一般的な方法です。

これは木材は環境を多少変えても性質が変化しないということから来ています。金属製品の場合には、加工法にはバラエティが存在します。温度を上げて溶融させ型に入れて成形するという方法や、切削器具によって削り整形するというような方法もあります。製品の大きさや加工精度により、どのような方法をとるかという事が選択されます。

最近身の回りで数多く見られるようになってきた高分子材料の場合には、一般的に射出成形と呼ばれる方法が用いられます。射出成形とは、少し温度を上げると柔らかくなり温度を元に戻すと元の形に戻るという、樹脂の性質を利用したものです。具体的に言うと、温度を上げ柔らかくなった樹脂を金型に入れ冷やし、固まったところを取り出しという手法です。この射出成型のメリットは、用いる金型を工夫することによって、製造コストを抑えることが可能であるということです。

具体的には射出成形一回の操作で製品を作ることができ、金属材料や木製品のような後加工が必要ないということからこのようなことが可能になります。また、金型にたくさんの製品を型どっておけば、1回の操作で多数の製品を作ることも可能です。このようなことから、製造コストが抑えられ製品価格を低くすることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です