プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

射出成形を利用するメリット

生活で利用する身の回りのものは、様々な材料でできています。それぞれの材料の性質を生かした製品がつくられていますが、もうひとつの条件として加工の技術がどのようになっているかということもあります。例えば、金属材料であれば様々な加工法が存在します。温度を上げて溶融して型に入れるというような方法もありますが、切削して整形を行うというような加工方法もあります。

このような様々な加工方法のメリットについては、原料がどのようなものかということに大きく依存にすることになります。具体的に言うと、原料の性質を十分に生かすような加工法というものが用いられているということになるわけです。高分子材料を例に挙げると、射出成形と呼ばれる成形方法が一般的に用いられています。これは少し温度を上げると柔らかくなり、温度が戻ると元の硬さになるということを利用したものです。

その温度も室温からそれほど離れたものではありませんので、少ないエネルギーで加工ができるということになります。このような性質を上手に利用したのが射出成形です。射出成形では、樹脂を先ほど述べた少し高い温度まであげて柔らかくし、それを金型に入れて冷やし固めます。射出成形の方法を用いれば、このようなひとつの操作で製品を作製することが可能ですので、製造の際の大きなメリットとなります。

そのような事も要因となって、高分子材料は生活の中に浸透していくようになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です