プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

射出成形はどんな方法で行われるのかを知る

製品を作るときは、素材を様々な方法で加工していきます。加工にも色々な方法がありますが、射出成形も色々な製品の作成に使われている方法です。名前は聞いたことがあるものの、具体的にはどのように行われているのかは知らないという人もいるのではないでしょういか。射出成形はプラスチックの成型によく使われている技術です。

金型を使うのが特徴的で、材料となるプラスチックなどは溶かして金型に流し込みます。金型に流したあとは冷やし固め形を整えていきます。射出成形は、注射器で液体を送り込む様子に似ていることからこの名前で呼ばれるようになりました。手順としては、材料を溶かし、それを金型に流して固め、取り出して仕上げ加工をします。

この方法のメリットは複雑な形状の製品を素早く連続して大量に生産できるということがあげられます。射出成形の良いところは、後加工がほとんど必要がないことがあげられます。金型の作成には時間と手間もかかりますが、一度作っておけばあとは材料を用意するだけです。大量に生産すればするほど製品単価が安くなるのもメリットです。

射出成形では、実に様々な種類の製品を作ることができます。例えば、日常生活で使っているテレビなどの電化製品、さらに飲料に使われているペットボトルや毎日のように使うシャンプーや洗剤容器などもこの方法で作られています。様々なサイズの製品に対応できるのも、この加工方法の良いところといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です