プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

射出成形で便利な暮らし

私たちの暮らしは全く物がない状態で成り立たせるというのは難しく、多くの物に囲まれて豊かな生活が送れています。身の回りを見渡すとたくさんのプラスチック製品が使用されています。洗剤やシャンプーのボトル、収納ケース、キッチン雑貨などどれも生活には欠かせません。このようなプラスチック製品がどのように作られているかご存知ですか。

プラスチック製品は一般的に射出成形という加工方法でつくられています。射出成型とは簡単にいうとプラスチック製品の材料となる樹脂を熱で溶かして、金型に流し固めるというもの。電化製品や自動車など多くの製品づくりにおいて採用されています。射出成形は射出成形機という専用の機械を使用し製造します。

ホッパーと呼ばれるタンク部分に材料となる樹脂ペレットを入れたら、機械の内部であるシリンダに送られます。スクリューの回転とともにヒーターのあるシリンダ内部を進み、溶けた樹脂ペレットはノズルから金型へと射出されます。金型内部へ流された樹脂ペレットは冷却し硬化するのを待ち、金型から取り出して完成です。検査が行われ基準を満たした製品は、企業を介しさまざまな商品となって私たちの元に届けられます。

射出成形のなめらかな仕上がりは仕上げの加工をあまり必要としません。また小さなものから大きなものまで様々な大きさや形にも対応でき、量産性にも優れています。製造についてあまり知られることのないプラスチック製品ですが、射出成形という技術によって支えられているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です