プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

射出成形での製造を受注する会社は便利に使えます

メーカーとして自社商品を製造する会社の中には、プラスチック素材のパーツが必要になる場合も多く、自社工場内だけで全てを製造できるように機械器具を設備にしている会社はあります。一方で小規模や中規模など工場の面積が広くは無く、設備投資の資金が不足している場合は、プラスチック素材のパーツ部分に対しては射出成形の技法で仕事を受注している会社に任せる方にメリットが出てくる可能性は高くなります。身近な商品で考えた場合では、置き時計を作るメーカーでは文字盤とムーブメント、表面のアクリル板、乾電池を入れるパーツなどは自社で製造し、本体の外観部分を射出成形で依頼をすることで自社工場内で組み立て作業を行えるので、コストカットに成功できる場合があります。化粧品やヘアスタイリング剤などを製造するメーカーでも、本体部分は自社で製造をして、プラスチック素材のキャップや蓋の部分を射出成形で外注する方法もあり、自社で設備を整える必要性が無くなることや工場内で仕事をする社員数を増やさずに済ませられるメリットも魅力です。

他にも新しい商品を開発するメーカーでは、試作品を作るために利用することもできます。素材はプラスチックになりますが、試作品として発注するには開発する新商品の材質が木製や金属製であったとしても、射出成形で試作品を発注する方法でも素材は違っても外観や細かな部分まで確認用として十分な効力を発揮するので、依頼する価値は十分に見い出せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です