プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

射出成形で商品作りをする前に依頼すべき専門会社

自社工場に射出成形の機器を完備しているメーカーでは、自社商品を新しく開発した時には、ダイレクトに金型メーカーに発注をするのではなく、同じように射出成形の機器を用いて試作品を製造する会社に依頼をすることが最適な手順と考えられます。その背景には金型を製造するには高額な料金が発生してしまうので、もしも設計上で問題が出てしまった場合は金型を無駄にしてしまいます。試作品を専門に製造する会社の場合は、簡易金型を用いて製作することを行っており、会社による違いはありますが発注から2日間程度で試作品を届けているスピード対応をする会社も存在しています。この方法であれば試作品を確認しながら修正すべき点があれば何度でもやり直すことが可能になり、最終的に問題なく製造できると確認が取れた際に、初めて金型メーカーに依頼をする方法で損失額を作らずに済ませられます。

射出成形は金型の完成度が商品に大きく影響を及ぼすものなので、確実性のある設計図は非常に重要です。新商品の開発で開発費を抑制したいメーカーであれば、試作品会社を利用することは低コストで完成となる設計図を作るまでの工程でかなり活躍する存在です。メーカーから受注をしている試作品会社の中には、既に大手のメーカーが利用をしている実績がある会社もあり、コストカット重視、スピード重視の仕事は魅力的ですが、試作品とはいえ肝心な完成度の高さも十分に兼ね備えています。ニーズに合うように提案を受けることもでき、第三者の目線で仕事をしているので利用価値は高いと判断できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です