プラスチック(樹脂)製作のコツ知りたくありませんか?

プラスチックの成形方法「射出成形」

身の回りにある物はほとんどが加工製品で、金属やプラスチックなどの固いものを成形したものが使われています。木製のものならのこぎりやカンナなどの工具を使って職人の手で加工することができますが、金属やプラスチックは固すぎて人の手で加工することはできません。そのため工作機械を使うのですが、金属の主な成形方法は切削や溶接、金型を使った鋳造加工などの方法があり、樹脂の場合は射出成形やブロー、圧縮などの方法があります。樹脂の加工に最もよく用いられる射出成形とは、プラスチックを高温で溶かしてから金型に流し込んで冷やし固めるという方法です。

金型に入れる時に注射器の様なものを使って注入するので「射出成形」といわれています。複雑な形のものでも加工ができ素早くできて大量生産にも適しているので、日用品など多くのものの加工に利用される方法です。ただ樹脂にも様々な種類があり、熱に溶けにくいものには使えず熱可塑性のある物に合った成形方法です。金属を加工する鋳造加工も射出成形とよく似ていて同じように溶かした金属を金型に流し込んで固めるのですが、樹脂の射出成形が高温で溶かしたものを低めの温度で高圧で固めるのに対し、金属の場合は融点を超えるような高温度で低圧で流しこまれるという点が異なります。

プラスチックにしても金属にしても成形をするためには金型が必要ですが、それを専門に製造する会社もあります。金型を使えば大量生産でき、自動化もしやすいなどのメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です