道路管理業務を効率化するモービルマッピング

道路の維持管理は安全な市民生活を送るうえで欠かせない、公共性の高い業務となっていますが、この業務を効率的に遂行するのに役立っているのが、モービルマッピングと呼ばれるシステムです。

MMSで取得できるデータ

MMSはモービルマッピングシステムの略で、レーザー測量、高解像度カメラ、GPSを使って周囲の情報を取得することができます。

モービルマッピングシステムの特徴

モービルマッピングは、自動車にデジタルカメラと3次元のレーザースキャナーを搭載することにより、道路やその周辺の映像をデータとして取得することが出来ます。

モービルマッピングの活用例

モービルマッピングは、車両のルーフなどに測量機器やカメラ等を搭載し、走行しながら地図情報を収集する手法を意味します。